ヴィンテージパーツのサクラシーエス・コスチュームジュエリー、樹脂アクセサリー用パーツも充実。
HOMEstackable
スタッカブルフラワーパーツを使ったアクセサリー作成手順
(1)材料の準備
用意するもの
<材料>
・スタッカブルフラワーパーツ
・ビーズ
・真鍮線(当店では0.45mmを使用)
・Tピンまたは丸玉ピン
<道具>
・ラジオペンチなど、先の細いもの
・あれば、ニッパー(真鍮線をカット)
ニッパーがなければ、ペンチで代用可


真鍮線は前もって、7-8センチにカットしておくと
作業が効率的です。
使用するビーズ
(左側のトパーズ色と茶色のラインストーンは
縫い付け用の台座にセットしています)
(2)Tピンと真鍮線で、パーツを透かしパーツに取り付けていきます。
大きいものから順に取り付け、細かいものをあいている場所につけていきます。
真鍮線を7-8センチにカットしたものを2本
用意し、横方向に通す。

穴に沿って、垂直方向に向かって
真鍮線を曲げておく。
ラインストーンにつけた真鍮線を
透かしパーツの好みの位置に通し、
透かしの裏側で5回ほどしっかりねじって、
4-5ミリの所でカットする。
カットした部分を、寝かせる。
(以後この繰り返し)


続いてもうひとつのラインストーンも
同様に配置します。
スノーフレークは手で曲げておきます。
ビーズキャップとして使用する場合は、絵柄のあるほうを外側にして曲げます。(写真と反対)
スタッカブルパーツを取り付けます。
左側の丸玉ピンには
ビーズ→小さいスタッカブル(別売なくてもOK)
→折り曲げたスノーフレーク→スタッカブルフラワー
→透かしの葉っぱ
を、通します。

もう1本にはビーズのみ通します。
上の2つを透かしパーツの比較的近い位置に
差込み、透かしパーツの裏側で2本をねじります。
スタッカブルフラワーは、少し斜めにしたり、
透かしの葉っぱは、ラインストーンやビーズの上に
被せて配置しても素敵です。

スタッカブルフラワーやビーズを追加していきます。
パーツやビーズを通した丸玉ピンを2個対にしてねじっていきます。

↑ ビーズを右上に増やした状態です。
少し寂しい空間ができたので
ハチのパーツを取り付けることにしました。
おなかの部分にワイヤーを引っ掛けて、
透かしパーツに取り付けます。

(羽の付け根でもOK)

同様にうさぎや、蛙のパーツなどを
当店では取り付けたりします。
表面が完成しました。
続いて、もう一枚の透かしパーツを
表面と真鍮線で結び付けます。
(ブローチにする場合はこの前に
裏側の透かしパーツにブローチピンを取り付けて下さい)

周囲の穴が、続けて2つあいているところを探し、
2枚の透かしパーツに真鍮線を通します。

表側のビーズのある側で真鍮線をねじり、
カットした後、ビーズやラインストーンで
目立たない場所にカットした真鍮線を
隠します。
大体、4箇所ほどでしっかり固定できます。

※裏側で作業すると楽なのですが、
カットした真鍮線が、お洋服などに
ひっかからないようにビーズ側でカットします。
丸カンなどで、チェーンなどを取り付け完成です。
ヒント

・ペンダントにする場合、チェーンを真ん中でカットして
2箇所からチェーンを取り付けても素敵です。

・丸カンやバチカンが取り付けにくい場合は
太目の真鍮線(Tピンで代用可)をめがね留めにして、
ループを作ります。
  

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス